くもん学習療法

学習療法(認知症予防と改善のために)

くもん学習療法

全ての高齢者が生き生きと暮らせる社会を!音読と計算を中心とする教材を用いた学習を、学習者とスタッフがコミュニケーションをとりながら行うことにより、学習者の認知機能やコミュニケーション機能、身辺自立機能などの前頭前野機能の維持・改善をはかるものです。

読み書き計算が前頭前野を含む多くの脳領域を活性化します。

学習療法による学習者の変化
●意欲的になる。
●コミュニケーションが多くなる
●学習するのが楽しみ

学習をうけるかどうかは、ご本人様およびご家族の自由です。

●学習の期間 期待される効果を得るためにも長く継続いただけることが基本となります。 
●学習時間 約30分です。音読と学習を中心とする教材と数字盤を使います。
●学習にかかる費用 教材費が1ヶ月2,150円かかります。

くもん学習療法の新聞にデイサービス花花が掲載されました。

くもん学習療法新聞記事

くもん学習療法の新聞にデイサービス花花が「実践モデル施設のチャレンジ活動事例」特集に掲載されました。
目標シートを活用し、日々の学習日報を作り、すべてのスタッフが目的 (良い結果)を共有し、学習療法、日常のケアに生かすよう 仕組みを変えたことなどが掲載されております。

くもん学習療法特集記事

PDFダウンロードはこちら

くもん学習療法実践モデル施設委嘱状

くもん学習療法

デイサービス花*花では、2013年度のくもん学習療法実践する地域のモデルとして、学習療法の見学施設の委嘱状をいただきました。 今後も学習療法を正しく実践しより良い地域のコミュニティーづくりをめざしてまいります。

学習療法の取り組みが映画になりました。
日本の脳科学研究から生まれた感動と希望のドキュメンタリー

くもん学習療法

くもん学習療法は、脳研究の第一人者である東北大学川島隆太教授とKUMONの共同研究により1997年に始まりました。 その取り組みを題材に、仙台放送は2011年5月から米国オハイオ州クリーブランドを舞台に行われた海外初の『学習療法』の実証実験に密着しました。この映画は実証実験に参加した皆様の変化をまとめた感動の長編ドキュメンタリー映画です。

「Do you know what my name is ?」

公式webサイト: http://www.doyouknow.jp/

公式webサイト(日本語): http://www.bokujohn.jp/

くもん学習療法センター 公式ホームページ

くもん学習療法

認知症高齢者の改善・進行抑制を目的として開発されたのが「くもん学習療法」です。さまざまな高齢者介護施設に導入され、介護の一環として実施されています。

公式webサイト: http://www.kumon-lt.co.jp/